​How work at home

​豊かな心の自宅ビジネス

​The best you!

「早く食べなさい!」

そんな風に怒鳴るつもりはなかった。

​怒鳴ったら可哀想だろ!」

「私だって怒鳴りたくないわよ!」

いつも、子どもたちに優しい顔ばかりしているあの人に苛立った。

「子ども達に支度させて、車に乗せてあなたを駅まで送って、この子を保育園に送って。そのあとパートなの!時間がないのよ!」

​月に4万程度のパートだろ。大変なら辞めればいいじゃないか」

 

「私は、家事もこなしてパートで家計を助けてるの!わかってる?」

 

「・・・無理して、こんな郊外に家を買ったからじゃないか?​俺も、毎日満員電車で1時間かかるんだよ。」

「…それも、これも、あなたの給料が安いからじゃない!」

そんなこと言うつもりじゃなかったのに・・・。

あなたは、寂しそうな目でこう言った。

「・・・顔つき、変わったな」

私は、言葉を飲んだ。

今日は送らなくていい。遅刻してもバスで行く」

あなたは背を向け、部屋から出て行った。

・・・」。

​「まただ…。この洗濯機。やっぱり新しいのが必要だわ…」

止まった洗濯機を叩いて見るが、動かない。毎回だから、わかっているけど、今日は特別にがっかりするわ。

 

だから、文句も言いたくなる。

​また、手洗いね。…こういう時間のロスが大きいんだから。あの人は私の苦労なんてわかってないのよ!」

洗濯物を取り出し洗面台で洗う。それがとても億劫に感じる。

ふと、手を止めて鏡を見た。

​顔つき、変わったかしら?眉間のシワ、こんなに深かったかな?」

目尻も・・・。なんとなく、顔全体がたるんで見える。

「鏡、昨日も今朝も、見てなかった気がする…」

 

リグングから聞こえた子どもの泣き声にハッとしたわ。

それがなければ、何時間も鏡の世界を彷徨ったかもしれない…。

「はいは〜い。今、行くからね〜

​「また、ここに入れちゃったの?」

ベッドの下に手を入れて、おもちゃを取り出す。

​一緒に、名刺サイズのカードが出てきたの。

​「Empowering Women  Worldwide?世界中で女性を力づけるって」

前に、何かのイベントで渡されたカードだった。

裏に、子育て相談、ベビーシッター案内、女性フォーラム、

お金の勉強、自宅ビジネス…か…」

そこに書かれた文字に目が止まった。

『価値のない高額商品の売り込み、詐欺まがいのビジネス案件の勧誘なんて、うんざりですよね。でも、心も経済も時間も豊かになる方法は身に付けたくないですか?何が鍵になるのか?まずは、その見極め力が肝心』

「そりゃ、そうだけど…。でも、そんな時間もないわけよ」

そう呟いて、カードを鏡台の上にぽいっと置いた。

お風呂上がりに、裸で走り回る下の子をバスタルで捕まえる。

「やだやだ!パパが帰るのを待つんだ!」

 

「パパを待たなくていいの。子どもは9時に寝ましょう!」

ぐずる下の子が風邪をひかないよう、急いで体を拭く

​早く寝ましょう。明日の朝も保育園」

「ママはパート?」

「そ、ママは、明日の朝もパート。パート行って、買い物して、保育園にお迎えに行って、洗濯して、掃除して、ご飯つくって、あなたたちをお風呂に入れるの。あなたたちが良い子で眠ってくれたら、ママは幸せなのよ」

早口で話して、パジャマを着せる。

「幸せってなに?」

?」

言葉に詰まった私を見て上のお姉ちゃんが、こう言った。

「私たちが良い子でご飯食べて、お風呂はいって、早く寝たら、ママは幸せなんだよね?

…。そ。あなたが自分のこと全部やったら、もっと幸せよ

ブスッとする上の子の髪を乾かし、遊んでいる下の子を抱き上げ、

​二人をベッドに入れて、子ども部屋の電気を消した。

新婚の時から使っている鏡台に座る。

いつもは、鏡も見ないで顔にジェルを塗っているけど、今日は鏡を見てみようって思った。

やっぱり、たるんでいる。眉間のしわ、とても気になる…。

安物のオールインワンジェルを顔に塗りながら、効果あるのかな?と疑いを持ってボトルを眺める。成分を見てもわからない。

ま、今の家計なら、このジェルで丁度なのよ」

気になる眉間のシワを指で伸ばして、ジェルを塗りこむ。

鏡台に置いたカードが目に止まる。

カードを手にとって、ベッドの上に寝転ぶ。

カードを裏表返しながら見ていて、うたた寝してしまった。

 

 

 

ふと、目を覚ます。

壁の時計の針が10時を回っている

寝ちゃったんだ…」

クローゼットからあなたが出て着た。

あ、ごめん。すぐご飯するね」

いいよ。食べて着た。今日は会食だったんだ」

〜?聞いてなかったわよ。言ってくれれば、ご飯あなたの分、作らないのに…」

今朝、言えなかっただろ」

「あ…。今朝は、、、。」

謝ろうとしたら、あなたが止めた。

謝らなくて​いい。お互いだから。。。それより、これ何?」

あなたは、私が持っていたカードを見せた。

「それ…」

持ったまま寝て落としたんだね・・・ここに書いてあること、大事だと思うよ。でも、怪しいものに手を出したらダメだから」

そう言って、あなたはカードをゴミ箱に入れて、部屋を出て行った。

私は、ムッとしてゴミ箱からカードを取り出した。

​そして、それをしっかり見た。

読んでいる途中で涙が溢れてきた。涙で文字が滲む。

私は、涙をぬぐい、階段を降りて、リビングで発泡酒を飲むあなたの前に立った。

そして、カードを見せて、読み上げた。

「あなたは『妻』かもしれないし『母』かもしれない。ただ、忘れないで。あなたは、あなたの人生の主人公です。

大事なのは、あなたが輝くこと。それが、ご家族のより大きな幸せだったら?自分の人生にチャレンジしてみたくないですか?」

呆気にとられた顔をしているあなたに言った。

 

「怪しいか、怪しくないか、本物かどうかなんて、確認してみなきゃわからないじゃない!私が輝くなら、いいんじゃないの?そしたら、顔つきだって昔みたいになるわよ!」

 

なんだか、涙が溢れて嗚咽が止まらなくなった。

あなたは、ただただ私を​見つめていた。

自宅でインターネットで

友人を巻き込むことなく

家族にも喜ばれる方法で

収入を上げて

経済的にも時間的にも

自由になりたい。

しかも、ず〜っと…。

こんな心のつぶやきを

実現する手段は​確認して

おきたくないですか?

ここに

その集客術も

成功マインドづくりも

自宅に居ながらも

あなたの可能性を

最大に引き出す方法があります。

本物は

心も経済も時間も豊かにします。

まずは、『見極め力』が

大事ではないですか?

ABOUT
​Us

Join Us

Empowering Women  Worldwide

Women EWW

​ママだから主婦だから我慢しなきゃ、主婦だから女性だからやらなきゃ、自分で頑張らなきゃ。何とかしなきゃ。そんな気持ちもシェアしてみませんか?パートナーがいる方も、シングルの方も、完璧ママより『幸せママ』として、今を人生を楽しみたいですよね

Get Monthly Updates

© 2019 by Woman EWW. |  Terms of Use  |   Privacy Policy