​How to make  time
at home

​豊かな心の時間活用法
​1)ママの時間はとっても不思議

​一人の

「早く食べなさい!」

そんな風に怒鳴るつもりはなかった。

​怒鳴ったら可哀想だろ!」

「私だって怒鳴りたくないわよ!」

いつも、子どもたちに優しい顔ばかりしているあの人に苛立った。

「子ども達に支度させて、車に乗せてあなたを駅まで送って、この子を保育園に送って。そのあとパートなの!時間がないのよ!」

​月に4万程度のパートだろ。大変なら辞めればいいじゃないか」

 

「私は、家事もこなしてパートで家計を助けてるの!

わかってる?」

 

「・・・無理して、こんな郊外に家を買ったからじゃないか?​俺も、毎日満員電車で1時間かかるんだよ。」

「…それも、これも、あなたの給料が安いからじゃない!」

そんなこと言うつもりじゃなかったのに・・・。

あなたは、寂しそうな目でこう言った。

「・・・顔つき、変わったな」

私は、言葉を飲んだ。

今日は送らなくていい。遅刻してもバスで行く」

あなたは背を向け、部屋から出て行った。

・・・」。

スマイリー
スクリーンショット 2019-10-09 14.17.11.png

​「まただ…。この洗濯機。やっぱり新しいのが必要だわ…」

止まった洗濯機を叩いて見るが、動かない

毎回だから、わかっているけど、今日は特別にがっかりするわ。

 

だから、文句も言いたくなる。

​また、手洗いね。…こういう時間のロスが大きいんだから。

あの人は私の苦労なんてわかってないのよ!」

洗濯物を取り出し洗面台で洗う。それがとても億劫に感じる。

ふと、手を止めて鏡を見た。

​顔つき、変わったかしら?眉間のシワ、こんなに深かったかな?」

目尻も・・・。なんとなく、顔全体がたるんで見える。

「鏡、昨日も今朝も、見てなかった気がする…」

 

リグングから聞こえた子どもの泣き声にハッとしたわ。

それがなければ、何時間も鏡の世界を彷徨ったかもしれない…。

「はいは〜い。今、行くからね〜

スクリーンショット 2019-10-09 14.22.33.png

お風呂上がりに、裸で走り回る下の子をバスタルで捕まえる。

「やだやだ!パパが帰るのを待つんだ!」

 

「パパを待たなくていいの。子どもは9時に寝ましょう!」

ぐずる下の子が風邪をひかないよう、急いで体を拭く

​早く寝ましょう。明日の朝も保育園」

「ママはパート?」

「そ、ママは、明日の朝もパート。パート行って、買い物して、保育園にお迎えに行って、洗濯して、掃除して、ご飯つくって、あなたたちをお風呂に入れるの。あなたたちが良い子で眠ってくれたら、ママは幸せなのよ」

早口で話して、パジャマを着せる。

「幸せってなに?」

?」

言葉に詰まった私を子どもたちがのぞく。

「あなたたちが元気でいることよ」

そう言いながら、

ブスッとする上の子の髪を急いで乾かし、

遊んでいる下の子を抱き上げ、

​二人をベッドに入れて、子ども部屋の電気を消した。

子供の笑顔

新婚の時から使っている鏡台に座る。

いつもは、鏡も見ないで顔にジェルを塗っているけど、今日は鏡を見てみようって思った。

やっぱり、たるんでいる。眉間のしわ、とても気になる…。

安物のオールインワンジェルを顔に塗りながら、効果あるのかな?と疑いを持ってボトルを眺める。成分を見てもわからない。

ま、今の家計なら、このジェルで丁度なのよ」

気になる眉間のシワを指で伸ばして、ジェルを塗りこむ。

鏡台の鏡に映る、結婚式の写真

理想と現実」

​ふとそんな言葉が頭に浮かんで、

​ドサッとベッドに横たわると眠ってしまった。

 

 

 

ふと、目を覚ます。

壁の時計の針が11時を回っている

寝ちゃったんだ…」

クローゼットからあなたが出て着た。

あ、ごめん。すぐご飯するね」

いいよ。食べて着た。今日は会食だったんだ」

〜?聞いてなかったわよ。言ってくれれば、ご飯あなたの分、

作らないのに…」

今朝、言えなかっただろ」

それはあなたが怒り出すからでしょ!」

俺じゃないだろ!お前だろ!」

違うわ!あなたが怒り出したのよ!」

言い争いをしていると

​子どもたちが起きてきた。

パパ〜」

そう口々に叫んで、あなたに飛びつく娘たち。

「ごめんな〜。ママが大きな声出すから目が覚めたね〜」

と娘たちを抱きしめるあなた。

途轍もない疎外感と孤独感が

私を襲う

もういい!」

そう言って私は風呂場に駆け込んだ。

洗面所の鏡に映る、私の顔

すごくやつれて、老けて見える。

私、こんな顔していたっけ・・・」

​涙がとめどなく流れた。

428.jpg
curtians付きのベッドルーム
女性パフォーマー

夫婦ですもの。
しかも子育ての真っ最中
こんな日常だって
ありますよね〜。

ただ、そんな時
「このまま年齢を重ねたくない」
「何か自分にもプラスになることをしたい」

そう感じることはありませんか?

隙間時間を活用して

収入を上げて
経済的にも時間的にも
自由になりたい。

しかも、ず〜っと…。

こんな心のつぶやきを
無視して
閉じ込めてませんか?



自宅に居ながらも
あなたの可能性を
最大に引き出す方法があります。

まずは
お気軽にご相談からしてみませんか?
​座談会の参加からも良いですね〜


座談会&相談会はこちらから